So-net無料ブログ作成

今日は桐朋でお話 [ひとりごと]

 明日、と書こうと思って、時計を見たら、もう日が変わっていました。
 10月も、もう終わりだぁ。
 というわけで、本日17:40から桐朋学園大学音楽学部の就職ガイダンスで、お話をします。

 タイトルは、「あなたの音楽が、誰かのためにできること」。

 レジュメはもうずいぶん前に作っておいたので(きっと忙しくなるだろうと、時間のあるときに纏めて考えておく。一種の貯金ですね)、ホールから戻ってきて、一息入れた後、だいたい頭の中で、話す内容をざーっと流してみました。そんなことをしていたら、時計が12時を回っていて、おっと、そろそろ寝なければ。

 明日話すかどうかわかりませんが、そんなお話シミュレーションをしながら、思ったこと。

 音楽家の仕事というのは、「イエスの来訪を待つ、ひとりの娘」の話のようだなあ。

 細部は忘れてしまったのですけれど、たぶん、幼稚園のときか、小学校低学年のときに「聖書の時間」(ミッションだったからねえ)に聞いた説話です。
 ある日、ある場所で(えらく大雑把な設定)、ひとりで暮らす娘がお祈りをしていたら(キリスト教徒の日常ですねえ)、イエスさまが顕れて(この展開がすごい!)、「今日お前のところに訪ねていくから」と仰った(うわ、大変!)。
 信心深いこの娘は、もう大喜びで、いったい何時においでですかとアポの確認もせずに(蛇足)、家の掃除をしたり、イエスさまはどんなものを召し上がるのかしらとあれこれ考えたりで大忙しになりました。
 で、そこへ次々と不思議な客が来るのですよ。どんな客かは忘れたけれど、娘はいちいち「ああ、いまイエスさまを迎える準備をしているのに、忙しいのに」と思いつつ、根が善良ですから、心を込めてお世話をしたり、相手をしたりしていく。
 日も傾き、やがて夜のとばりも降りてこようというときになっても、イエスさまはおいででない。疲れて眠ってしまった娘の夢に、イエスが顕れて言うに、「今日お前が親切にしてくれたひとりひとり(そう、御乞食さんもいた)がわたしだったのだよ。おまえの信仰の深さがとてもよくわかった」…。娘は夢から覚めて、とてもとても神様に感謝しました、とさ。

 音楽家という人たちは、音楽の本質とか、芸術性とか、真の美しさとか、目に見えない価値を求めて、つまり目に見えない音楽の神さまのために一生懸命音楽をし、そのために自分を磨いていたり、勉強したりしています。でも、実際に聞いている人たちは、いわばフツーの人間たち。ききながら、全然別のことを考えていたり、突拍子もない感想を抱いたり、うまいの下手のと値踏みをしたり。音楽家が「もー、こんな人たちのために弾いてるんじゃないんだから!」って頭にきても仕方がない聴き手たちが存在するのは確かです。

 でもね、そんなフツーの聴き手たちに向かって、音楽家さんたちは演奏するのです。いつか音楽の神さまが訪ねてくると信じて。そして、きっと音楽の神さまは、このイエスさまと同じことを言いそうだなあ…。

 ま、それだけのことなんですけどね。

 おっと、ほんとにねよ。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

茂木大輔著 音大進学・就職塾 [音楽キャリア最新情報]

 ある日、ある地方都市の高校の吹奏楽部の練習室での待ち時間のこと(アウトリーチの現場のひとつです)。
 ずらっと並んだ、おなじみ、吹奏楽部の定番アイテム、『バンドジャーナル』誌数年分に何気なく手を伸ばして、びっくり!あの、もぎぎ大師匠が、懇切丁寧に、若者たちに向けて、演奏家になるためのお話を連載しているではありませんかぁっ!思わず、仕事を忘れて(みのさーん、どこ行ったぁ?と探されるまで、部室の片隅にうずくまって)次々、読みふけってしまいました。
 この連載が本になった暁には、BTのよきライバル、というか、盟友になる本になるに違いない、バンジャーと言えば、これまた、名物編集長O氏ではないか、これは絶対本になる!と、心待ちにしておりました。

 みなさん、もう、とっくに手にしていますよね。
 私の方はといえば、やっと数日前に読了(短い通勤時間、2回ほど駅を乗り過ごしつつだったもので…)。
 
 思った通り、この本とBTは、ぜひセットで読んでください。

 順番は当然もぎぎ大師匠の方が先です。

 大師匠の厳しくも愛情あふれた文体とお話は、今、とにかく将来が不安で仕方がないあなたの気持ちを落ち着かせてくれます。
 同じように、音楽の世界で生きてきて、プロとしての活動を行える位置にしっかりいる方のお言葉は、いちいち、じっくりあなたのココロにしみいること、間違いなし。BTがどうしても「アメリカ」を前提にして書かれている本であり、実例を読んでも、「うーん、でもそれはアメリカだから…」と他人事に思えてしまうあなたも、もぎぎ大師匠が寸鉄のごとく言い放つ短い言葉に込められた実感(そこで笑っているアンタ、これ、アンタのことだよ、って感じの部分、たくさんありますよぉ)には、鈍感でいられないでしょう。

 もちろん、ものすごーく、厳しいことも書いてあります。

 BTには、おそらくあえて触れられていない、「オプションB」、すなわち、音楽家を目指しても、音楽家には向かないケースについて。
 これも、プロの現場で日々起こっている重い現実です。これを書けるのは、日々その現実を目撃しているプロだけです。夢と志が大事な仕事ではあるけれど、夢と志だけではプロになれない、きびしーい世界について、このように、冷静にでも親切に書かれていたことを見たことがありません。

 ご本人がおっしゃっているように、これは管楽器奏者が書いたものだから、管楽器の実例が中心です。でも、ことキャリアの部分については、楽器がなんであろうと共通です。

 BTを手にして、「厚い…字が多い…」と怯んでしまったあなた、まず、もぎぎ大師匠の本をお読みなさい。大師匠の本は、音楽家のキャリアについて、ある直感的イメージを与えてくれます。で、具体的にどうしたらいいか、ということになると、もぎぎ大師匠は、きわめてさらりとお書きになっている(自分で考えるのが大事な部分ですからね)。そこでまたはたと悩んだら、BTの出番です。キャリアについての直感的イメージを持てたあなたには、BTは突如として、厚くて字の多い本から、「こんなに役に立つ、具体的なアドバイスの書いてある本はない!」に変身することでしょう。

 だから、ほら、そこで、えー、3150円もするのー、と迷っているあなた、もう1500円+税を出して、もぎぎ大師匠の本とセットでお買いなさい。輸入楽譜だったら、平気で4500円くらい、払っちゃうでしょ?オケの演奏会にちょっと出かけたら、それじゃすまないでしょ?たった4500円プラス消費税で、自分の人生航路の地図が手に入っちゃうと思えば、ほれほれ、安い安い。

 少々、大師匠の文体に影響を受けているなぁ。

というわけで、この連休に、本屋へGO!

茂木大輔
音大進学・就職塾
音楽之友社・刊
1500円+税
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。